メリットや悩み事を解決するときの方法などを理解する

状態を確認しよう

悩む成人女性

症状によって治療は異なる

うつ病と一口に言っても症状は人によって異なります。程度も違うので、薬物治療をしながら日常生活を普通に送ることもあります。当然、重度の場合には入院治療となることもあるので、まずは心療内科や精神科を受診して主治医の判断を仰ぎましょう。うつ病はきちんと治療すれば完治します。そのため、一時的に日常生活を中断し、集中して治療にあたった方がいいこともあるのです。仕事を休めないことで治療をおろそかにするのは良くありません。仕事を休んでしまうと収入源がなくなってしまうという不安を抱く人も居ることでしょう。それなら傷病手当の申請をすればいいのです。会社に相談してみましょう。うつ病の状態によっては傷病手当が貰えることもあります。主治医にも相談して診断書を出してもらいましょう。手続きをすれば収入のことを気にせず、治療に没頭できます。特に集中的な治療が必要なのは自殺願望がある場合です。独りにしておくと危険なので、このような症状がある場合には入院治療をすることが一般的です。

うつ病の治療には費用がかかるので、仕事を休んで通院治療をすることに抵抗を感じる人も居ることでしょう。仕事を休んで収入がない状態で費用がかかるのではとても困ります。まず、どのくらいの費用がかかるのか調べてみましょう。通常、診療代と薬代がかかることになります。遠方の場合は交通費も負担しなくてはなりません。通院頻度は薬が効くまでは頻繁になりますが、徐々に落ち着いてきます。状態が良くなると薬の量も減っていくので、当然、費用もどんどん安くなっていくことでしょう。また、仕事を休んでしまうことが心配なら、傷病手当というものもあります。主治医や会社に相談して傷病手当を貰えるかどうか手続きをしてみましょう。多少なりともこれで収入に関する不安がなくなるはずです。このように、うつ病を発症してしまうとしばらくは治療に専念することになります。一般的な日常生活が送れなくなるので、その時にどうするか細かなところまで考えてみましょう。親身的に相談に乗ってくれる主治医を見つけることが大切です。

Copyright© 2019 メリットや悩み事を解決するときの方法などを理解する All Rights Reserved.