メリットや悩み事を解決するときの方法などを理解する

安心できる治療に繋がる

硬貨

給付を受けた後も考える

精神疾患での治療は、その多くが長期での療養生活となるため、時には休職や休学をして回復を図ることになります。社会人にとっては、金銭面に不安を抱えることもあり、傷病手当金の有り難みを感じるはずです。在職中、健康保健の被保険者がうつ病や、それに伴うケガで会社を休んでしまった場合に手当を受けられます。うつ病は、脳の病気として様々な機能を低下させますが、自分の職に関わる判断力の低下に気をつけましょう。中には、早期退職の募集の際に、安易に立候補してしまう人もいるようで、「自分の居場所は会社にはない」など、悲観的な症状がそう判断と選択をさせます。会社を辞めるかどうかの判断は、医師や産業医と話し合い、うつ病が治ってからでも遅くはありません。その後の人生をより良い方向に持っていくため、社会の役に立っているという認知ができる回復を図りましょう。そのため、労務状態を医師にチェックしてもらい、傷病手当金で回復を目指します。その際、何ヶ月分もまとめて請求できますが、賃金に代わるものですから、判断力が低下しているのであれば、できるだけ月単位で請求しましょう。

傷病手当は、病気やケガで支給される内容ですが、退職後も引き続き受けることができます。会社勤めであれば、休職届けを提出して病気やケガの回復を図るのが一般的です。しかし、決められた休職期間が満了するまでに悪化することがないにしても、療養を継続しなければならないこともあるでしょう。うつ病も例外ではなく、1日出勤して4日休み、また1日出勤するような働き方をしている人もいます。そうなれば、支給対象者になります。保険給付の対象となる療養だけでなく、自費診療や病後の自宅静養も含まれるため、利用(活用)しない手はありません。傷病名がうつ病ではなく、他の疾患でもいいのです。他の精神疾患を併存、併発することがありますが、その併発がうつ病であることもなきにしもあらず、仮にアルコール依存からうつ病を併発しても傷病手当金を受けられます。ですから、業務外で骨折してしまった後、何かしらのきっかけからうつ病になっても安心です。賃金の支払いがないから静養できないこともありません。これを機に、入院生活でしっかり回復を図ることも、転帰することも可能です。

Copyright© 2019 メリットや悩み事を解決するときの方法などを理解する All Rights Reserved.